スイス・ウオッチの2020年問題  其の二

DIARY

1969年、セイコーが世界初のクォーツ腕時計「アストロン」を発売

カローラが42万円の時代に、腕時計が45万円。 350個だけの限定数販売でしたが数日で完売しました。その後、日本製のクォーツ攻勢で、スイス時計メーカーは、倒産・休眠・合併でかなりのメーカーがスイスから姿を消しました。

そして、1977年、セイコーの売り上げが世界一に。 (シチズンは4位)

危機感を抱いたスイス時計は、1990年代に入るとスイス・ウオッチメーカーのブランド・グループ化の方向に進みます。

リシュモン・グループ

カルティエ・ピアジェ・ヴァセロン・パネライ・IWC・ジャガールクルト・ダンヒル・モンブラン・ボーム&メルシー 他

LVMHグループ

ルイヴィトン・ブルガリ・ホイヤー・ウブロ・ショーメ・フェンディ・ディオール・セリーヌ 他

スウォッチ・グループ

オメガ・ブレゲ・ブランパン・ロンジン・ラドー・ハミルトン・スウォッチ・ハリーウィンストン・(エタ) 他

 

スウォッチ・グループに所属するエタというメーカーは、腕時計の機械(ムーブ)を作っている会社です。スイス国内で生産されるムーブはスウォッチ・グループが約60%を生産しておりました。

このエタが、2002年、スイス時計業界を驚かす発表をしました。 (つづく)

 

 |