スイス・ウオッチの2020年問題 其の四

DIARY

スイス・ネス法とエタのムーブがスウォッチ・グループが他のグループへの販売停止の2020年がやってきます。

ロレックスのように自社ムーブを生産しているメーカーは関係がありませんが・・・

  1.   一部のメーカーがスイス以外のムーブを搭載することになり、スイス・メード と表示が出来ない腕時計の販売が始まる可能性。
  2.   自社生産を始めるメーカーはコストがかかるため、ムーブの値段が上がる。        =腕時計の値段が上がる可能性
  3.   スウォッチ・グループが他グループへのムーブの販売の停止をするのだから、メンテ用のムーブは勿論、パーツの販売を停止する可能性。
  4.   ③の事情により、他グループは以前、生産をしていたエタのムーブを搭載した腕時計の修理・メンテナンスが難しくなる可能性。
  5.   ④については、各グループがムーブの備蓄やパーツの互換性のあるムーブ・メーカーとの契約などによって、表向きは大丈夫のようですが備蓄がいつまでも続くはずもないし、別ムーブ・メーカーのパーツを代替えに使うと改造ムーブの扱いになる可能性。
  6.   スイス時計メーカーグループの再編の可能性 (スウォッチ・グループに入らなければいけなくなる)

以上のような「可能性」が考えられます。現実的に、昨年、ある高級ブランドの腕時計(クオーツ式)のオーバーホールのために来店をされたお客様がいました。聞くところ、ショップに持ち込んだら、「オーバーホール代が12万円」と言われたそうです。「もっと、なんとかなりませんか?」と来店をされたのです。機械式のロレックスのオーバーホール代より高額なのには驚きました。

 

動き出した、スイス製の時計。我々、販売店は今後、どうなるか見守りたいと思っています。(了)

 |