DIARY

消費税法改正に伴い、貴金属地金買い取りについて

DIARY

本年度10月1日より貴金属地金買い取り時に拝見をしている本人確認類(身分証明書)の写しを保存することが義務付けられることとなりました。

主な本人確認書の例

①運転免許証

②住民票の写し(1年以内に作成をされたもの)

③マイナンバーカード(個人番号カード) 

※通知カード(マイナンバー通知カード)は補完書類として認めらていません。

④旅券(パスポート)

⑤在留カード

⑥各種保険証(健康保険証、年金手帳など)

詳しくは、国税庁HPの「消費税法改正のお知らせ(平成31年4月)」のページをご覧ください

また、200万円以上の買い取りになる場合は、こちらをご覧ください

https://miharahonten.jp/topics/archives/date/2018/07

何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。






グランドセイコー コレクション

DIARY

2019_B3_C_修正






東京オリンピック(1964)に使用をされた、同型のストップ・ウオッチを展示しています

DIARY

2020年の東京オリンピックまで、あと1年。
そこで、前回の東京オリンピック(1964年)で競技に使用をされた、同型のストップ・ウオッチとクリスタルクロノメーターを店内に展示をしております。

当時の公式時計はセイコー。セイコーは36機種1278個の時計器材を使い東京オリンピックの公式時計を務めました。

ストップ・ウオッチは、第二精工舎製。計測誤差を補正する機能を搭載。世界初となるスプリットセコンド・ストップウオッチ(5分の1秒計)

1963年セイコーのカタログによると、当時の値段は、¥24,000

クリスタルクロノメーターは、長距離レース用の親時計として、マラソン、ヨットやロードレース、馬術競技などで使用をされました。

1967年のカタログによると、当時の値段は、¥125,000

最初は木製の箱に入れらていましたが、のちにプラスチックのケースに変更をされました。(展示しているクロノメーターは、残念ながらケースはありません。)






1970年大阪万博のタイムカプセルに入れられた腕時計

DIARY

時代を象徴する文化や品物を封印し、後世に現代文明を伝えようというタイムカプセルが眠っています。その中にセイコーの腕時計が入れられています。残念ながら、セイコーには、腕時計の写真が残っておらず、PanasonicのHP、タイム・カプセルEXPO‘70に写真が掲載されております。https://panasonic.co.jp/history/timecapsule/  (収納品リスト-自然科学分野)

値段が男性用¥91,000 女性用¥61,000で当時としては、かなりの高価だったと思います。

セイコーにあらためて問い合わせたところ、やはり、画像は残っていないということでした。下の画像は、ほぼ同型機で、実際に収納さらたのはブレスレット使用。毎時36,000振動のCal.6145をベースに曜日表示を追加したデイデイト装備モデルでした。

男性用と女性用、ペアウオッチになっていないのは、当時は「お揃いの腕時計をする」などという概念がなかったからだそうです。
精度を第一に追及する男性ウオッチ、デザインから入る婦人用ウオッチ、時計つくりの入り口、出口が全く異なった時代だったのでしょう。
埋められたタイムカプセルは2つ、1971年、大阪城公園本丸跡に埋められました。上側の二号機は、2000年に一度掘り出され中身をチェック、以降100年ごとに検査が行われるようです。チェックは上側のみで、下側のカプセルが開封するのは、6970年。万博開催から5000年後に設定をされています。
5000年後の日本人がセイコーの腕時計を見て何を思うのでしょうか?

2025年、55年ぶりに再び、大阪で万国博覧会が開催されます。あらたな、タイムカプセルが埋められるのでしょうか?腕時計も再び、収納されるでしょうか?東京オリンピックに引き続き、こちらも楽しみです。







平成31年初売りのご案内

DIARY

1月2日 午前9時開店

1月3日 午前10時開店

全商品 15%~20% OFF

(金地金・金貨は除外となります。また、他の割引との併用はできません)

 

1月4日から、ご利用できる2割増し商品券も販売を致します。(一万円で1万2千分の商品券です。)