スイス・ウオッチの2020年問題  其の二

1969年、セイコーが世界初のクォーツ腕時計「アストロン」を発売

カローラが42万円の時代に、腕時計が45万円。 350個だけの限定数販売でしたが数日で完売しました。その後、日本製のクォーツ攻勢で、スイス時計メーカーは、倒産・休眠・合併でかなりのメーカーがスイスから姿を消しました。

そして、1977年、セイコーの売り上げが世界一に。 (シチズンは4位)

危機感を抱いたスイス時計は、1990年代に入るとスイス・ウオッチメーカーのブランド・グループ化の方向に進みます。

リシュモン・グループ

カルティエ・ピアジェ・ヴァセロン・パネライ・IWC・ジャガールクルト・ダンヒル・モンブラン・ボーム&メルシー 他

LVMHグループ

ルイヴィトン・ブルガリ・ホイヤー・ウブロ・ショーメ・フェンディ・ディオール・セリーヌ 他

スウォッチ・グループ

オメガ・ブレゲ・ブランパン・ロンジン・ラドー・ハミルトン・スウォッチ・ハリーウィンストン・(エタ) 他

 

スウォッチ・グループに所属するエタというメーカーは、腕時計の機械(ムーブ)を作っている会社です。スイス国内で生産されるムーブはスウォッチ・グループが約60%を生産しておりました。

このエタが、2002年、スイス時計業界を驚かす発表をしました。 (つづく)

 

スイス・ウオッチの2020年問題  其の一

1971年スイス政府は国内の時計メーカーに対し「SwitzerlandまたはSwissの呼称を適用する基準を規定する法令」を規定しました。

1992年と1995年に改正、「SWISS MADE」「SWISS」と表記する場合

①内臓するムーブ(機械)がスイス製であること

②時計の組み立てがスイス国内であること

③最終検査がスイス国内で行われていること

④ムーブの部品が50%以上、スイス製部品が使用されていること

などが決められました。

しかし、2006年、アジアで製造されているにも関わらずスイス製として化粧品や片手鍋が販売されていることを当時の法務大臣が批判。スイスネス法(スイスらしさ)の検討が始まりました。

この検討によって、スイス時計協会は「スイスメード」と呼べる時計の基準を機械式は、80%以上、電池式は60%以上スイス国内で作られているものにすべきだと主張しました。ムーブ80%以上ではなく、時計全体の80%以上とすることで、低価格帯メーカーに配慮もしました。(スイスで調達できない、金属、金、ダイヤなどは含まれません)

この法案は、2016年、Swissness(スイスネス)に関する新たな法案枠組みと同時に発効しました。新法に適応する時間を生産者に与えるために移行期間も認められ、期限は2020年までとなりました。

これによって、2020年以降、スイスメードと表記できない時計メーカーが出てくるかもしれません。

しかしながら、スイス時計にとっては、もう一つの2020年問題があります。(つづく)

真珠と近鉄バファローズ

大阪にかつて存在した近鉄バファローズという球団がありました。球団設立当時は、「近鉄パールス」という名前で近鉄沿線の志摩地方が真珠の養殖が盛んなことから命名されました。

難しいとされていた真珠の養殖に成功をしたのが、御木本幸吉氏。

今日が命日です。

彼の技術は世界の真珠の流通を変えました。御木本氏が養殖に成功するまでは、天然真珠の名産地で真珠の世界市場を席捲していたクウェート。クウェートは、日本での養殖施行により壊滅的なダメージを受けました。そして、外国資本による石油採掘事業に乗り出すことになり、世界有数の石油産出国になりました。彼の偉業が国を動かしたというのは面白いですね。

そして、もう一つ。

志摩地方が彼のおかげで真珠の盛んになったと書きましたが、彼のおかげで日本が世界に輸出をした単位があります。それは、「匁」

日本で古くから使われてきた長さの単位「尺」、重さの単位「貫」があります。最近がほとんど使われることがなくなりましたが、真珠の取引で国際的に今現在も使われている単位です。これは、「真珠の養殖を世界で初めて実用化したのが日本」だったからです。アルファベットで「momme」と綴られ、略号として「mon」が使われています。(グラム、カラットを用いられる場合もあります)このように国際舞台で活躍する「匁」。「御木本氏の努力と日本産真珠の素晴らしさを引き継いでいる養殖業者の偉業のおかげ」という言葉以外は見つからないような気がします。

参考までに・・・、一匁は3.75グラムと決められています。ほぼ、5円玉の重さと同じです。ちなみに、「貫」は匁の千倍で真珠養殖業者が真珠販売加工業者の取引に使われています。

グランドセイコー フェア

9月1日~30日までグランド・セイコーフェアを開催

2017年よりダイヤルデザインを一新し、ブランドとしての魅力がさらに高まったグランドセイコー

期間中、グランドセイコーをお買い上げのお客様にグランドセイコー オリジナル・ボールペンをプレゼント

イギリスのビッグ・ベンが鳴り納め

私たちの業界にとっては大きなニュースが先日、飛び込んできました。
それは、ロンドンの観光名所として知られている国会議事堂の大時計(Big Ben)が、大規模改修のため8月21日をもって、4年間停止するというニュースです。

この大時計から流れるチャイムは、学校のチャイムでおなじみの「キンコ~ン、カ~~コン・・・・」の音色です。正式には「ウエスト・ミンスター・チャイム」と言います。このメロディーの代名詞になったメロディーは、ロンドンのウエスト・ミンスター寺院の鐘の音と思われていることが多いですが、実は、ビックベンのものというややこしい話です。ビックベンと道路を挟んで西側にウエストミンスター寺院が隣接をしているから間違われるのかもしれませんね。

この時計台、子供のころ見たことがあるような気がしませんか?それもそのはず、「ピーターパン」に出てきます。ピーターパンが夜、時計台の周りを飛んで、長針に止まって8時3分を8時15分にしちゃうシーンが出てきます。

2 / 41234