スイス・ウオッチの2020年問題  其の三

セイコーやシチズンは、自社グループ会社などでムーブを生産し、自社のウオッチにムーブを組み込んでいますが、スイスでは、ムーブを購入して自社のウオッチに組み込み、ブランド化して販売をしております。分かりやすく自動車に例えると、自動車A社グループに、エンジンを製造している会社があり、そのエンジンを他のB社、C社などが購入し、自社の高級車として販売をしているということです。

そういうことから、2002年スウォッチ・グループが他のグループへの販売を2005年以降停止すると表明をしました。

主な理由は、

1. 安く調達をしたムーブを使って高価な時計を製造販売していること

2. メンテナンス用のムーブメントを17,000個しか輸出をしていないのに、他のスイスメーカは、中国などスイス時計の競争相手に100万個も輸出をしていること。

3. ムーブメントの技術開発や製造に投資をせずに、ムーブメントの値上げになかなか応じてくれない などです。

 

この発表により、スイス競争委員会(Comco)がこの問題に介入をし、2011年は前年と同じ量を販売をしなければならない。2012年は、2011年の85%に減らすことを認めました。その結果、9社の時計メーカーが不服を申し立て、裁判になりました。

2011年12月、スイス連邦行政裁判所はComcoが決めたことを追認、スウォッチグループの主張が認められたことになり、他グループ、他社への供給義務は2014~2019年にかけて段階的に減らすことになり、2020年には、供給義務が完全に消滅をすることになります。つまり、2020年以降は、スウォッチ・グループ以外のグループは、エタ社からムーブメントを購入を出来なくなるということです。

これらの動きにより、ブライトリングがムーブメントの自社生産に踏み切ったりしました。

(つづく)

 

Share

スイス・ウオッチの2020年問題  其の二

1969年、セイコーが世界初のクォーツ腕時計「アストロン」を発売

カローラが42万円の時代に、腕時計が45万円。 350個だけの限定数販売でしたが数日で完売しました。その後、日本製のクォーツ攻勢で、スイス時計メーカーは、倒産・休眠・合併でかなりのメーカーがスイスから姿を消しました。

そして、1977年、セイコーの売り上げが世界一に。 (シチズンは4位)

危機感を抱いたスイス時計は、1990年代に入るとスイス・ウオッチメーカーのブランド・グループ化の方向に進みます。

リシュモン・グループ

カルティエ・ピアジェ・ヴァセロン・パネライ・IWC・ジャガールクルト・ダンヒル・モンブラン・ボーム&メルシー 他

LVMHグループ

ルイヴィトン・ブルガリ・ホイヤー・ウブロ・ショーメ・フェンディ・ディオール・セリーヌ 他

スウォッチ・グループ

オメガ・ブレゲ・ブランパン・ロンジン・ラドー・ハミルトン・スウォッチ・ハリーウィンストン・(エタ) 他

 

スウォッチ・グループに所属するエタというメーカーは、腕時計の機械(ムーブ)を作っている会社です。スイス国内で生産されるムーブはスウォッチ・グループが約60%を生産しておりました。

このエタが、2002年、スイス時計業界を驚かす発表をしました。 (つづく)

 

Share

スイス・ウオッチの2020年問題  其の一

1971年スイス政府は国内の時計メーカーに対し「SwitzerlandまたはSwissの呼称を適用する基準を規定する法令」を規定しました。

1992年と1995年に改正、「SWISS MADE」「SWISS」と表記する場合

①内臓するムーブ(機械)がスイス製であること

②時計の組み立てがスイス国内であること

③最終検査がスイス国内で行われていること

④ムーブの部品が50%以上、スイス製部品が使用されていること

などが決められました。

しかし、2006年、アジアで製造されているにも関わらずスイス製として化粧品や片手鍋が販売されていることを当時の法務大臣が批判。スイスネス法(スイスらしさ)の検討が始まりました。

この検討によって、スイス時計協会は「スイスメード」と呼べる時計の基準を機械式は、80%以上、電池式は60%以上スイス国内で作られているものにすべきだと主張しました。ムーブ80%以上ではなく、時計全体の80%以上とすることで、低価格帯メーカーに配慮もしました。(スイスで調達できない、金属、金、ダイヤなどは含まれません)

この法案は、2016年、Swissness(スイスネス)に関する新たな法案枠組みと同時に発効しました。新法に適応する時間を生産者に与えるために移行期間も認められ、期限は2020年までとなりました。

これによって、2020年以降、スイスメードと表記できない時計メーカーが出てくるかもしれません。

しかしながら、スイス時計にとっては、もう一つの2020年問題があります。(つづく)

Share

真珠と近鉄バファローズ

大阪にかつて存在した近鉄バファローズという球団がありました。球団設立当時は、「近鉄パールス」という名前で近鉄沿線の志摩地方が真珠の養殖が盛んなことから命名されました。

難しいとされていた真珠の養殖に成功をしたのが、御木本幸吉氏。

今日が命日です。

彼の技術は世界の真珠の流通を変えました。御木本氏が養殖に成功するまでは、天然真珠の名産地で真珠の世界市場を席捲していたクウェート。クウェートは、日本での養殖施行により壊滅的なダメージを受けました。そして、外国資本による石油採掘事業に乗り出すことになり、世界有数の石油産出国になりました。彼の偉業が国を動かしたというのは面白いですね。

そして、もう一つ。

志摩地方が彼のおかげで真珠の盛んになったと書きましたが、彼のおかげで日本が世界に輸出をした単位があります。それは、「匁」

日本で古くから使われてきた長さの単位「尺」、重さの単位「貫」があります。最近がほとんど使われることがなくなりましたが、真珠の取引で国際的に今現在も使われている単位です。これは、「真珠の養殖を世界で初めて実用化したのが日本」だったからです。アルファベットで「momme」と綴られ、略号として「mon」が使われています。(グラム、カラットを用いられる場合もあります)このように国際舞台で活躍する「匁」。「御木本氏の努力と日本産真珠の素晴らしさを引き継いでいる養殖業者の偉業のおかげ」という言葉以外は見つからないような気がします。

参考までに・・・、一匁は3.75グラムと決められています。ほぼ、5円玉の重さと同じです。ちなみに、「貫」は匁の千倍で真珠養殖業者が真珠販売加工業者の取引に使われています。

Share
3 / 512345