東京オリンピック(1964)に使用をされた、同型のストップ・ウオッチを展示しています

DIARY

2020年の東京オリンピックまで、あと1年。
そこで、前回の東京オリンピック(1964年)で競技に使用をされた、同型のストップ・ウオッチとクリスタルクロノメーターを店内に展示をしております。

当時の公式時計はセイコー。セイコーは36機種1278個の時計器材を使い東京オリンピックの公式時計を務めました。

ストップ・ウオッチは、第二精工舎製。計測誤差を補正する機能を搭載。世界初となるスプリットセコンド・ストップウオッチ(5分の1秒計)

1963年セイコーのカタログによると、当時の値段は、¥24,000

クリスタルクロノメーターは、長距離レース用の親時計として、マラソン、ヨットやロードレース、馬術競技などで使用をされました。

1967年のカタログによると、当時の値段は、¥125,000

最初は木製の箱に入れらていましたが、のちにプラスチックのケースに変更をされました。(展示しているクロノメーターは、残念ながらケースはありません。)

 |